カラダに良いカルシウム

カラダに良くないカルシウムって?

私たちは、自然界の一部分です。
自然の法則・摂理に沿う考え方、生き方を基本として、「健康づくり」をしていきましょう。
活性化されたカルシウムは「吸収が良い」とよく言われていますが、果たして「吸収が良ければ、骨に届く」のでしょうか?

活性型カルシウムは、活性化、つまり活動が高まっている状態なので、骨に届く前に血管や筋肉、骨組織に沈着します。

活性型カルシウムによりカルシウムの血中濃度が急激に上がり、「ダウン症状」という一時的にカルシウム不足現象が引き起こされます。そのときに私たちのカラダは、自動的に骨からカルシウムを溶かし出します。

骨から溶け出したカルシウムは、カラダ中にあふれて、神経や血管などが通る穴(椎間孔・ついかんこう)に詰まったり圧迫したりしてさまざまな病気の原因となります。

カラダに良いカルシウムとは

では、「カラダに良いカルシウム」とは何なのでしょう?
実は、私たちが食事として摂る「非活性のカルシウム」がカラダに良いカルシウムなのです。

 

非活性のカルシウムは、穏やかに、確実に骨まで届き、骨の再生や体内のカルシウムバランスを保ち、余分なリンを体外へ排出し、免疫力を高め、病気を予防します。

非活性のカルシウム

♦ 小魚(手のひらサイズ以下)
♦ 海藻(天草・ひじき等)
♦ 野菜(山くらげ・小松菜等)
♦ ボレイ(漢方薬)
♦ 風化した貝化石

風化貝化石カルシウムの秘密
まずは健康相談窓口へご相談ください